現在サイト更新による不具合により画像等乱れております。随時修正中です。お見苦しくて申し訳ありません。。。

【不動産投資の基礎知識】不動産投資のメリットデメリットとは?

不動産投資

不動産会社は常に土地を持っていながら活用していない人を探しています。確信がなくても聞いて回っています。それほど不動産会社は「土地が欲しい」のです。現在、土地を持っている人は不動産投資というものを視野に入れてもいいかもしれません。ただし、投資にはメリット、デメリットがありますので自己判断が必要です。

最近、近所の古いお家が取り壊されてマンションが建ちました。広い敷地で畑もあり、お野菜がたくさん実っていました。しかし、あるとき取り壊され「マンション」に・・・。とうとう「不動産投資」を始めたようです。確かにあんなに広い敷地を遊ばせておくのはもったいない、と思います。

ひと言でいえば「うらやましい」です(笑)




不動産投資のメリットデメリットとは?

不動産投資とは「不動産を購入して賃貸料などにより利益を得ること」なんですが、それには「利回り」が大きく関わってきます。

利回りとは

「投資した額に対して1年間でどのくらいの収入を得ることができるか」を表したものです。

【計算式】
年間収入÷投資金額×100

「やっぱり、不動産の利回りは預貯金などのそれに比べて高い!」

でも・・・

「はじめに投資した元本がそのまま戻ってくるかどうか?」

預貯金なら1,000万円の元本は、約束の時期を過ぎるとそっくりそのまま戻ってきます。

不動産への投資であれば、投資元本の目減りは当然に覚悟すべき。1,000万円で購入したマンションが1,000万円で売れる保証はありません。含み益がでることもありますが、含み損がでることも当然にあるのです。

不動産への投資は、利回りについての理解は不可欠です。また、一歩踏み込んで、投資元本の含み損益までを考慮した上で「本当に採算があうのかどうか?」を広い視野から総合的に判断することも大切になってくるでしょう。

不動産購入時にはいろいろな税金や手数料がかかってくることにも注意です。仲介手数料など不動産業者に支払う金額は物件のおよそ10%です。いろいろ相談できる不動産業者を見つけておくと安心です^^

また、物件に関しては広告に出ているような公開している物件ではなかなかよいものがないんですね。

非公開の物件情報をチェックできることが重要です。

世界一やさしい不動産投資の教科書1年生 再入門にも最適! [ 浅井佐知子 ]

価格:1,706円
(2018/11/13 13:26時点)

不動産投資「収益計算」のすべて [ 玉川陽介 ]

価格:2,030円
(2018/11/13 13:27時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました